みよしの社窓から

工務店ではたらく40代になりたて男性社員ブログ

RSS

【ブログ更新】後悔しない不動産購入の第一歩とは。

投稿日時:2019/03/05(火) 22:15


工務店に勤務しております小生、不動産売買のお手伝いをすることもあるのですが、昨年末よりご案内しておりました、とある建売物件で、売買契約直前にドタキャンする羽目になる事案がありました。



詳しいことは割愛をしますが、まずは、こちらの写真をご覧ください。


【玄関ポーチの足元に大きな水たまりが】
IMG_5822
















IMG_5823















玄関ポーチの外の写真ですが、雨が降っているわけでもないのに、大きな水たまりと言うより池ができております。

この水たまりに気付けたのが本当に契約直前でありました。



まあ、売主さまより、重要事項説明書にこの物件の排水処理について、一筆入れたい旨のお話があり、気になって、改めて現地確認に行って分かったのですが・・・




買主希望者さまに現地を見て頂くと、やはり、心配なので買付を撤回したいとのお申し出。
小生も、今回はやめておきましょうと、後ろ髪をひかれる買主希望者さまにやんわりとご進言。



昨年から、何度も色々な物件をご案内していたわけですから、小生もご契約はいただきたいわけでありますが、
そもそも、不動産屋の責務として、物件調査は欠かせないわけであります。
業者の立場として、この情報を知っていながら、買主希望者に伝えないわけにはいかないのであります。



小生も2度、日にち、時間を変えて現地を確認していたのですが、結果的に雨天であったことで、この、水がたまりやすい地形については気づきが遅れてしまいました。反省。


後日、改めて近隣住民の方への聞き込みをしたところ、前の住民の方は、この水はけの悪さが嫌で別のところに引っ越されたとのこと。
色々な事情があるでしょうから、この情報が全てとは限りませんが、貴重な情報をいただきました。



何が言いたいかと申しますと、不動産を購入する際は、きちんと物件の情報提供してくださる不動産屋さんとお付き合いをされてください。
知らないことをいいことに、よからぬ物件を購入する羽目になるかもしれません。



ということで、不動産屋の端くれからのアドバイスとご注意です。
以下、よろしければ、ご参考に。



<物件購入の前にこれだけは自分で確認を>
・周辺住民(隣近所)の聞き込みをすること。


・音、光、異臭、土壌(ゴミなど)、地形(窪地だと水がたまりやすい)的な問題はないか。


・出来れば、3回は現地を見に行くこと。
(雨天、晴れ等、時間帯も替えて)


不動産屋さん任せにせず、ご自身で行うことが、後悔しない物件購入の第一歩です。


この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:【ブログ更新】後悔しない不動産購入の第一歩とは。

(ブログタイトル:みよしの社窓から)

ブログトップ«前へ次へ»コメント(0)

名前:
メールアドレス:
コメント:
パスワード:

BLOG MENU

CATEGORY

  • 新商品紹介
  • 住宅業界ニュース
  • キャンペーン情報