木の香りを感じる家作りをさせて頂いています。 リフォームについては、耐震補強、福祉介護に関する経験を生かして、快適な生活の空間をご提案させて頂いています。

愛知県みよし市明知町小石山45番地1

0561-32-1691

営業時間:8:00~18:00

リフォーム施工例リフォーム施工例

みよし市耐震補強補助制度、住宅ストック事業を利用した、屋根の葺せ替え、内装、断熱リフォーム

施工例画像(屋根リフォーム)

お客様のご要望

埋め立てをして建てて築30年経つ住まいです。不同沈下(※)によりそれが原因なのか、瓦のズレが気になるので葺せ替えもしたい。また、便器、給湯器の調子も悪く、部屋も寒いのでその対策。

 ※不同沈下・・・建物が不揃いに沈下を起こすこと。
         一方向に斜めに傾くような状態。

施工のポイント

床の張替え、畳下荒板(下地大引き)を交換して床の傾きを改善。それに合わせて収の納開口部を変更をして使いやすくなった。瓦の葺せ替えは、既設の野地板上部に 下地に対して直角に垂木を施工して屋根の不陸(※)を改善。その屋根の葺せ替えによる建物軽量化、収納の壁補強をして耐震性を上げた。その工事により、みよし市の補助制度を使って120万円の補助を受ける事ができた。また、耐震性を満たす事が条件の住宅ストックの制度も利用する事が出来、さらに17万円の補助も受ける事が出来た。

※不陸(ふろく)・・・平らでないこと

施工例写真

  • 現況の瓦の状態。 現況の瓦の状態。
  • 瓦、葺せ土を撤去して、下地野地板の状態に。 瓦、葺せ土を撤去して、下地野地板の状態に。
  • 瓦、葺せ土を完全に撤去した状態。経年劣化により「ソリ」、「沈み」が生じている。 瓦、葺せ土を完全に撤去した状態。経年劣化により「ソリ」、「沈み」が生じている。
  • 経年により「ソリ」、「沈み」が生じている。そのまま桟葺瓦を施工すると、デコボコした仕上がりになるため、既設の屋根垂木と直角に水平方向に屋根垂木を施工し、デコボコのないキレイな仕上がりになる。屋根の熱気が小屋裏に進入するのを防ぐ役割もある。撤去して事で、下の部屋に熱が届いて暑くならないように、断熱材を施工。 経年により「ソリ」、「沈み」が生じている。そのまま桟葺瓦を施工すると、デコボコした仕上がりになるため、既設の屋根垂木と直角に水平方向に屋根垂木を施工し、デコボコのないキレイな仕上がりになる。屋根の熱気が小屋裏に進入するのを防ぐ役割もある。撤去して事で、下の部屋に熱が届いて暑くならないように、断熱材を施工。
  • 屋根からの下地に合板を施工。桟葺きの施工性が高まると共に、屋根面(水平構面)の補強になり耐震性も向上。 屋根からの下地に合板を施工。桟葺きの施工性が高まると共に、屋根面(水平構面)の補強になり耐震性も向上。
  • 屋根の防水シート。熱が伝わって下の部屋が暑くならないよう、遮熱性能があるものを施工。 屋根の防水シート。熱が伝わって下の部屋が暑くならないよう、遮熱性能があるものを施工。
  • 桟木を横に流して、1枚ずつ釘で葺せていく。 桟木を横に流して、1枚ずつ釘で葺せていく。
  • 和風のデザインの平板瓦を施工。 和風のデザインの平板瓦を施工。
  • 和室の押入の扉をクローゼット折戸にし、開口を高くし、便利さアップ。畳をフローリングに変わり、壁はジュラク塗り、天井は和風のクロスに模様替え。 和室の押入の扉をクローゼット折戸にし、開口を高くし、便利さアップ。畳をフローリングに変わり、壁はジュラク塗り、天井は和風のクロスに模様替え。
  • 畳下荒板(下地大引き)の交換をして床の傾きを改善。壁の塗り替えも完了。 畳下荒板(下地大引き)の交換をして床の傾きを改善。壁の塗り替えも完了。
  • 押入れの工事に伴い、壁を補強。既設の土壁を落とさずに施工のできる構造用合板で施工。 押入れの工事に伴い、壁を補強。既設の土壁を落とさずに施工のできる構造用合板で施工。
  • 壁の補強と共に、柱の接合部も補強。 壁の補強と共に、柱の接合部も補強。
  • ホールダウン金物による柱頭部の補強。 ホールダウン金物による柱頭部の補強。
  • ホールダウン金物による柱脚部の補強。 ホールダウン金物による柱脚部の補強。
  • 柱の接合金物は、計算によって求めたN値により選定。 柱の接合金物は、計算によって求めたN値により選定。
  • 内窓を施工して、開口部の断熱性が高まった。 内窓を施工して、開口部の断熱性が高まった。
  • 地震に強い平屋建てだが、屋根が重いため、耐震評点が0.69(倒壊する可能性が高い)という低い評価だった。 地震に強い平屋建てだが、屋根が重いため、耐震評点が0.69(倒壊する可能性が高い)という低い評価だった。
  • 屋根の葺せ替えにより、建物が軽量化したため、必要耐力が小さくなった。それにより耐震評点1.11(一応倒壊しない)まで評価が上がった。 屋根の葺せ替えにより、建物が軽量化したため、必要耐力が小さくなった。それにより耐震評点1.11(一応倒壊しない)まで評価が上がった。

物件スペック

地域名 みよし市三好町
家族構成 大人2人
工事期間 50日
工事概算金額 550万円~
築年数 30年

0561-32-1691お電話

資料請求

お問合せ