リフォーム施工例

中古住宅リユース 築39年の平屋建てをフルリノベーション みよし市三好町

施工例画像(中古リノベーション)

お客様のご要望

敷地の広さと静かな立地に魅力を感じて購入した中古住宅。築39年、空き家だったこともあり、内装、外装共に傷んでいました。また、今のままだと耐震性に不安があるので、耐震性も高めて、安心快適に住める家にしたい。また、住宅ローン減税も利用したい。

施工のポイント

傷んだ箇所の修復だけでなく、耐震性、断熱性を高め安心して快適に過ごせるようにしました。また、みよし市耐震補強補助事業(120万円)、国の住宅ストック事業(30万円)、この2つの補助制度を利用しました。
中古住宅を耐震補強したので、耐震補強をしない場合に比べて以下の制度を利用し、メリットを得ることができました。
①住宅ローン減税:建物だけでなく、土地についても控除を受けられる。今回の場合、最大で400万円の減税(個人間売買の場合は200万円)が可能。
②登録免許税:所有権移転は2%→0.3%、抵当権設定登記は0.4%→0.1%と大幅減税。
③不動産取得税:土地で45,000円以上、建物は建築燃料費で変動するが控除あり。
④地震保険:10%割引

お客様の喜びの声

中古住宅の活用で多くのメリットを得る事ができて非常に助かりました。

施工例写真

  • 39年経ち、傷みが生じている土葺き瓦を新銀色の桟噴き瓦に変えて耐震性アップ。39年経ち、傷みが生じている土葺き瓦を新銀色の桟噴き瓦に変えて耐震性アップ。
  • 屋根は新銀色の桟葺き洋瓦、外壁は窯業系サイディング。庭木も撤去し駐車スペースが広くなりました。屋根は新銀色の桟葺き洋瓦、外壁は窯業系サイディング。庭木も撤去し駐車スペースが広くなりました。
  • 39年が経ち、外壁、屋根の傷みが生じていました。39年が経ち、外壁、屋根の傷みが生じていました。
  • 細かく間仕切られていた壁を撤去し、広々としたリビングダイニングへ。小上がりの畳スペースを設け、落ち着く空間となりました。細かく間仕切られていた壁を撤去し、広々としたリビングダイニングへ。小上がりの畳スペースを設け、落ち着く空間となりました。
  • 一部を吹き抜けにし、ロフトも作りました。一部を吹き抜けにし、ロフトも作りました。
  • 使いやすいL型の対面キッチン。ダイニングとの間にレンジフードがないので、すっきりとしています。使いやすいL型の対面キッチン。ダイニングとの間にレンジフードがないので、すっきりとしています。
  • レンジフードのない、すっきりした空間。レンジフードのない、すっきりした空間。
  • オープンな収納。明かりをリビングからとるために欄間(らんま)をガラスにしました。オープンな収納。明かりをリビングからとるために欄間(らんま)をガラスにしました。
  • 増築により居室を設けました。増築により居室を設けました。
  • 大容量のシューズクローゼット。大容量のシューズクローゼット。
  • 廊下にも収納棚。廊下にも収納棚。
  • リクシル製のベッセルタイプの洗面化粧台。(ベッセルタイプ:陶器ボウルと木目調キャビネの組み合わせのシリーズ)リクシル製のベッセルタイプの洗面化粧台。(ベッセルタイプ:陶器ボウルと木目調キャビネの組み合わせのシリーズ)
  • メンテナンスがしやすく、節水型のトイレ。メンテナンスがしやすく、節水型のトイレ。
  • ひやっとせず、掃除も楽チンな1坪のユニットバスです。ひやっとせず、掃除も楽チンな1坪のユニットバスです。
  • 間取りの変更のためスケルトン状態にしています。間取りの変更のためスケルトン状態にしています。
  • 屋根、外壁にはウレタン吹付け断熱を施工。屋根、外壁にはウレタン吹付け断熱を施工。
  • 水にも、白蟻にも強い構造用面材ダイライトを全面に施工。水にも、白蟻にも強い構造用面材ダイライトを全面に施工。
  • 有筋コンクリート基礎で増築すると、耐震補強にもなります。有筋コンクリート基礎で増築すると、耐震補強にもなります。

物件スペック

地域名 みよし市三好町
家族構成 大人2人
工事期間 120日
工事概算金額 1000万円~
築年数 39年
屋根の軽量化、基礎の補強、壁の補強により耐震評点を0.69から2.73まで向上させてます。耐震性、断熱性を高め安心して快適にすごせるようにしました。みよし市耐震補強補助事業(120万円)、国の住宅ストック事業(30万円)。上記の補助制度を利用してます。



















  • 新商品紹介
  • 住宅業界ニュース
  • キャンペーン情報