ご案内

二世帯の同居リノベーション

2世帯の同居をリノベーションで考えてみませんか?


2世帯で住みたいけど、建て替えず、リフォームでもできる??

●建て替えず、リフォームで二世帯にするメリットは??

・建て替えが出来ない状況、条件でも対応ができる。
  対象の家が新しかったり、建て替えに必要な造成ができない、また都市計画法上建替えができない、ご両親の承諾が得られな
  い等さまざまな理由であきらめている場合にも対応できます。

・建て替えに比べて費用が値打ち。
  リフォームよりも建て替えた方が安いという事を耳にしますが、新築の場合は工事が大きくなりやすく、外構、造成工事も必要と
  なる事が多いです。今までの経験上、建物の状態が良い、リフォーム済みの箇所は工事しなくても良いなどの場合には、建て替
   えに比べて1,000万ほど値打ちになる事が多いです。

・税金の負担が小さい。
  
既存部分については、固定資産税、相続税が変わりません。年々下がって低くなった建物の固定資産税はリフォームの場合
  には変更されません。ご両親にリフォームをしてもらい、建物を相続すると相続税対策にもなります。


 ●リフォームで二世帯にするデメリットは??

・建物位置は大きく変更できない。
  元々家が建っている場所が基本となるので、駐車場・日当たりの確保などが建替えと比べると難しいです。
  増築、減築をする事で解決できる場合もあります。

・自由な間取りの住まいにできない? 
  自由な間取りにできないつくりの家もあります。特に2x4の場合は難しいです。他の木造、鉄骨造の場合は構造に精通した
  建築会社に依頼する事で耐震性を確保、向上させながら住まいを自由な間取りにする事も可能です。

・将来、また間取りへんこうするのが難しい?
  リフォームにあわせて耐震補強をする事で長持ちする住まいにする事は可能です。ですが、居住性の高い住まいにするために
  構造を大きく変更してる場合は、この次に間取りを大きく変更しての工事は難しいです。


●二世帯住宅って、どんなプランがある?? 

完全共有プラン …寝室などの個室以外、たとえば玄関・リビング・水回りなどを共有する。

×プライバシーの確保が難しい。
◎それぞれの居室が確保できれば良いので、床面積が広くなくても良い。また費用も抑えることができる。

部分共有プラン …玄関、水回りを部分的に共有する。

▲共有する場所によりプライバシーの確保が難しく、トラブルやストレスの可能性がある。
○玄関、階段などの共有スペース、水回が一つで済むので、リビングやダイニング、居室のスペースを確保しやすく、比較的費用を抑えることができる。世帯間のコミュニケーションをとることができる。
▲共有箇所が少な過ぎると、同居のメリットがなくなる。同居後の暮らしをよくイメージして共有部分を計画をすると良い。

完全分離プラン …玄関、階段などの共有スペースや水回りを独立させる。

◎各世帯のプライバシーが確保できる。
×玄関、階段などの共有スペース、水回りをがそれぞれに必要になるため、必要な床面積が多くなり、費用がかかる。
▲収納を十分によういしないと、共有スペースがそれぞれの持ち物であふれてしまう。


 ●二世帯で住む場合に気をつけることは?? 

・それぞれの持ち物が共有空間に溢れないよう、十分な収納スペースを用意すること。

・息子夫婦と同居なら『嫁』、娘夫婦と同居なら『婿』のプライバシーの確保また、どの家事をだれが行うかの家事分担も考えておくこと。

・既存の住まいをそっくり生かす場合が多いが、将来の介護を見越したバリアフリー化を考慮してておくこと。

・寝室を考えるときは、位置だけでなく動線を工夫して、プライバシーの確保をすること。

・生活音や振動はトラブルの原因となりやすいので、特に2階に水回りがあるプランでは しっかりした防音対策がすること。

・1階に親世帯、2階に子世帯とすると良いが、孫が小さい場合、生活音対策として、親世帯が2階に暮らすなど、その家族に合わせた計画をすること。


 ●二世帯リノベの『費用』と『期間』 は??

<リノベーション費用>

リノベーション費用は、建築本体工事でざっと15~20万円/㎡と見積もると良いでしょう。60㎡なら900~1,200万円くらい。これは、枠組みだけを残して全てを取り替えるフルリノベーションの目安です。よく、リノベーションは見えなかった傷んだ躯体が発見されてそれにより費用変更の可能性があると耳にしますが、実際には傷んでいそうな躯体も変更の想定をしているので精度の高い現地調査、設計をしていれば工事途中の金額に大きく変更することはありません。また、施工しなくて済ませる事ができる範囲があればその分費用を抑えることにもなります。。

ただ、建築本体費用に含まれない、水道の引き込み・下水工事・エクステリア・外構工事などの費用は別途となります。建物本体費用についてはリノベーション費用の予想はつけやすいですが、それ以外の金額がどれくらい掛かるかを早めにつかむ事が全体の費用を知るのに非常に大事です。。

<期 間>
30坪ほどの住まいで、間取りの変更があり、基礎工事が必要となると、リノベーション工事期間が約3~4ヶ月ほどになります。
間取り変更がなく、基礎工事が必要のないリフォームにくらべて工期が長くなります。

ただし、中古物件を購入するなど各種助成制度を利用する場合は、受付開始、受付終了の期間が決まっています。
また、築20年を超えた木造住宅で住宅ローン減税を利用する場合は、引渡しを受けてから半年以内に居住しなければなりません。そのため、現在別に住んでいて、リフォーム後の同居を予定してる場合は、工事開始前に住民票を移しておく必要があります。


 ●住まい方のルールを作りましょう!!

実の親子の同居でも、世代が違えば生活スタイルも異なるのが普通です。極端ですが「他人同士が一緒に住む」くらいに考え、計画することが必要でしょう。

また、親子同士といえ、お互いのプライバシーを尊重することは、二世帯同居の絶対条件です。就寝・食事・入浴などの時間、来客の応接の方法などは、迷惑やストレスの大きな原因となるので、事前にしっかりとしたルールを作りましょう。

実際に同居が始まると、世帯間に小さな不満や要望が出てきます。それを上手に伝えあって、こまめに解消することが同居成功の秘訣です。

 ●リフォームプランはどうやって作っていくの??

実現が難しそうでも、「こんな希望がある」と聞いてもらうことに意味があります。譲れない部分、妥協できる部分をすべて話し合いのテーブルに上げ、プランづくりの優先順位を決めましょう。夢をかたちにすることも大切ですが、同居によってストレスとなりそうな箇所をプランづくりであらかじめ取り除くことが、もっと重要です。
そのうえでリフォーム会社に調整してもらうのが、同居の計画を順調に運ぶコツです。リフォーム会社のアドバイスで対立が解消したり、似たような事例を聞いて折衷案にたどり着いたりすることもよくあります。


 ●二世帯同居事例 ●

 ①二世帯同居、2階全面リノベーション 長期優良リフォーム
 


娘様家族と同居するために、2階全面をリフォームしました。玄関は1つで、水回りはすべて2階にありますまた、物干し場としてバルコニーを作りました。

部分共有プラン … 住み分け・・・1階:親世帯、2階:子世帯 
             共有・・・玄関
             独立・・・すべての水回り


 ②二世帯住宅でストレスなしで広々暮らす家
  (第6回あいち木造住宅耐震改修事例コンペ 優秀賞)


息子様家族との同居にあわせて、1階部分は親世帯の生活スペースに、増築をした2階部分を若夫婦世帯のための空間としてリノベーションしました。若夫婦の住む2階にはトイレ、洗面化粧台、洗濯機を新設。小屋裏空間を利用したロフトも新設することで、充分な収納スペースを確保しました。

部分共有プラン … 住み分け・・・1階:親世帯、2階:子世帯
              共有・・・玄関、浴室、食堂 
              独立・・・便所、洗面化粧台、洗濯機、ミニキッチン

 ③家族が快適に集う 二世帯同居リノベ 

お子様が生まれたのを機に、ご両親がお住まいの実家をフルリノベーションする二世帯住宅を計画。
お客様のご希望は下の5つ。

①隣地とのが狭い条件ですが、採光、採風を確保する事。
②上下階の住み分けになるのが、音が気にならないような対策をすること。
③車を4台停められること。
④花火が良く見える場所なので、屋上バルコニーをつけること。
⑤人数が増えるので、それぞれの居住スペースの確保、さらに耐震性、快適性(断熱)を確保すること。

完全分離プラン …住み分け・・・1階:親世帯、2階:子世帯
             共有・・・なし 
             独立・・・玄関、すべての水回り


 ④敷地内の2世帯同居リノベ

娘さま家族が母屋に、そして本宅に繋がる横屋にご両親が移る二世帯計画。心おだやかに楽しく暮らせる住まいをご希望なので、水回りの分離でお互いストレスを感じないよう配慮しました。敷地内同居にあわせて水回りすべて(「ミニキッチン」「トイレ」「風呂」「洗面台」)を横屋に新設しました。

完全分離プラン …住み分けなし・・・離れ:親世帯、母屋:子世帯
              共有・・・食堂(夕食のみ) 
              独立・・・玄関、すべての水回り(ミニキッチン)
 
  • 住宅業界ニュース
  • キャンペーン情報