木の香りを感じる家作りをさせて頂いています。 リフォームについては、耐震補強、福祉介護に関する経験を生かして、快適な生活の空間をご提案させて頂いています。

愛知県みよし市明知町小石山45番地1

0561-32-1691

営業時間:8:00~17:00

ブログ個人トップみよしの社窓から

みよしの社窓から

工務店ではたらく40代になりたて男性社員ブログ

【ブログ更新】なぜ、工務店に外壁塗装工事を依頼するのか?

投稿日時:2020/03/31(火) 20:09


元号が変わって初の年度末、明るいニュースで迎えられると良かったのですが、巷は新型コロナウィルスの話題ばかりで、何だか気持ちが上がりません。


巷は大変な状況でありますが、おかげさまで今のところ何とか無事な小生であります。


お客さまとお打合せの際など、マスクは必須でありまして、お話する際も若干の距離を保つなど、色々と気を使うこともありますが、西は名古屋市方面、東は岡崎まで足を延ばしてお仕事をさせていただいております。


で、以前ブログ更新の際、下記の内容を書いたのを思い出しました。




【ブログ更新】なぜ、工務店に外壁塗装工事を依頼するのか。



今回、お客さまより、外壁塗装工事をご依頼いただいたのですが、外壁サイディングの状態が芳しくなかったため、塗装工事を選択せずに、外壁板金を張替工事をさせていただいたのでご案内したく思います。



下見にお伺いした際、外壁の目視確認だけでも、外壁サイディングの反りが多く見られましたので、無理に塗装をしても良い結果にならないと考えまして、費用的には塗装より割高にはなりますが、既設外壁をめくらずに下地を打ち、ガルバリウム鋼板を重ね張りする工事をご提案させていただきました。



ビフォー・アフターの写真を早速お目にかけます。



工事前の外観です。外壁サイディングのつなぎ目が反っているのがお判りになるでしょうか。
南妻側



























完成後の外観です。曇天のため、やや写真が暗いのはご容赦ください。
IMG_6046

















色々な都合で屋根だけは塗装をさせていただきました。

先に外壁を張ってしまうと、塗料が付着したりと汚れる可能性ありますので、屋根の塗装工事を先行しています。まずは、高圧洗浄機を用いて、洗浄を行います。




高圧洗浄作業中です。
IMG_5076

















屋根塗装の一コマです。赤く見える部分は屋根の棟部分でして、錆止め塗料を下塗りしております。
IMG_5178
















屋根の塗装が終わりますと、外壁板金張りのための胴縁下地工事を行います。




IMG_5086




























外壁板金を張っています。

IMG_4969
















完成です。一階と二階の真ん中の帯色は、ご主人さまの要望で黒色にしまして大正解です。
破風板も板金で巻いて、樋も取替ました。



これで、外壁についてはあと30年程度はメンテナンスの手間がかからなくなりました。




IMG_6046















ということで、なんでもかんでも塗装すれば良いというわけではないので、外壁板金張りのパターンもありますというお話です。




雨仕舞もよくなりましたので、一安心であります。




【ブログ更新】新型コロナウィルスの影響で住宅設備機器の入手が難しい状況です。

投稿日時:2020/02/29(土) 19:59

タイトルに全て書いてしまいました。


新型コロナウィルス発生に伴う影響で、建築業界にも困った問題が生じております。
便器、キッチン、IH、食洗器、エコキュートなどといった住宅設備機器の入手が大変難しい状況であります。


急ぎで便器を取り替えたい、エコキュートが壊れた!などのご対応については、商品の入手の見通しがたたず速やかな取替工事が難しい状況です。


小生が勤務する工務店においても、現在新築中のお客さま、リフォーム中のお客さまに対して、当初お決めいただいた住宅設備機器の設置が出来ず、代替品での設置をご提案いただいている状況です。
また、工事を待っていただいているお客さまにも、ご迷惑をおかけしております。



なかなか、頭の痛い問題を抱えておりますが、出来るだけ早く、この病気の蔓延が終息するのを願うばかりです。



【ブログ更新】2階にトイレは作れますか、について。

投稿日時:2020/01/31(金) 21:56


年が明けて早一か月。
あっという間に2月を迎え、気が付くともうすぐ年度末であります。
この一か月、何をしていたのか思い出せないほど、時間の経過を早く感じます。


さて、工務店に勤務する小生、2階に便所を作りたいとのご要望をいただき、ホームグラウンドである三河を離れ、都会の名古屋市内へ。
田舎と違って、工事車両の駐車にも気を使います。



で、木造2階建てのお住まいに暮らす、比較的年配のお客さま。
普段、お休みになるのは2階であります。
当然、夜にお手洗いに行こうと思い立ちますと、階段を下りて一階へ行く必要が生じるのであります。


お年を召されれば、夜間、生理現象ゆえ、お手洗いに行く回数も増えるわけでありますが、お客さまによれば、意外と大変で、面倒、そして危険であるそう。



小生、なんだか、お気持ちがわかる年ごろになってまいりました。



建物の間取りや構造、その他、給排水の配管経路もなんとかなりそう、との判断をもとに早速工事へ。



【元々の和室】※写真左手の押し入れを解体する予定
IMG_1316 (1)

















【屋根勾配の都合で天井が一段下がっておりました】
IMG_1303
















早速、解体であります。



【押し入れ解体しますと、床には火打梁、壁には筋交いがあります】
IMG_3933

 
























通常の排水芯の便器だと、火打梁に干渉して取り付けができませんので、排水芯の移動ができるリモデル便器の手配が必要です。



アブナイ、アブナイ。


で、排水管は2階床から、1階天井を抜いておろします。
給水管は、一階の便所から2階に持ち上げるという工事をしております。



給排水の配管、配管経路が確保できることも大切な条件であります。



【太い配管が汚水配管、黒細い配管が給水管です】
IMG_4020















で、大工さんの頑張り写真がありませんが、完成。



入り口はぎりぎりまで狭くしてほしいとのご要望を踏まえ60cmの間口に。
もちろん、引戸にしております。

IMG_4244


























壁に下地を入れて、手すり付きの紙巻を設置。
立ち上がるのがとても楽になります。

IMG_4246


























入口の間口は60cmピッタリ。さすがの大工さんです。


IMG_4247
















【床も畳から、フローリングにしまして、見違えるようになりました】


IMG_4240

























【1階の天井を抜いて下した配管経路、石膏ボードにクロスを張って隠しました。】

IMG_4258
















毎度、職人さんのお力添えのおかげと頑張りで、無事工期とおりに完成。



改造工事は工事中、毎度色々と問題もありますが、お客さまが喜んでくださると、頑張った甲斐があったと報われます。




ということで、今回のお客さまは、無事に2階にトイレを作ることができました。




これで、今後は安心して暮らせるとおっしゃっていただきまして、めでたしめでたし、であります。








【ブログ更新】仕事納め。

投稿日時:2019/12/28(土) 18:56

今年の師走はいつもに増して忙しいものとなりました。

毎年、暮れになると今年こそ、ゆっくりした年末年始を過ごすぞ、と思いを致すのですが、今年もやはり延長戦。

リフォーム中のお客さまが、年内に荷物の移動をされたいのご要望を踏まえ、色々な方にご無理を申しまして何とか、住んでいただけるまで工事を仕上げてまいりました。


なかなか難しいことの多かったこの工事を駆け足でご覧ください。


現況です。荷物の移動もさぞ、だったことでありましょう。

DSCN3373















ごつい梁が鎮座しております。
DSCN5026















さて、お待たせしましたやっと工事が始まります。




アンカー屋さん登場
IMG_2681 (1)















コア抜き屋さんの出番

IMG_2705















断熱完了して

IMG_2783














置床工事 スラブ床ががたがたで苦戦。
IMG_2822

















大工さんが捨て貼り。
IMG_2848














軽天屋さん登場。
IMG_2966















間仕切り起こしています。
IMG_3060















プラスターボード貼って・・・

IMG_3219














IMG_3305















クロス貼りの写真はありません・・・

荷物の移動もお手伝いしながら・・・、やっと完成。
IMG_3510















階段廻りと一階は、来年に持ち越し。
IMG_3502















床には桧の無垢材を張りました。節無しでとてもきれいですが、我々は結構大変・・・。

IMG_3530















何はともあれ、今年も何とか暮れましたが、この年末に疲労がピークに。
残工事はまだあるのですが、年末年始にお引越しができるまで仕上げられました。ふう。



RC造の構造上の制約、仕様が多々変更等あり段取りが大変でしたが、お客さまが喜んでくださったのが何よりです。


今年も一年お世話になりました。
小生もしばし、お休みをいただきます。
皆さま、よいお年をお迎えください



【ブログ更新】RC造のお住いの改修工事が始まっています。

投稿日時:2019/11/29(金) 20:04

時の経つのは早いもので、今年も残すところ一か月余りです。

工務店に勤務する小生、普段なかなか工事する機会のない、RC造のお住まいの改修工事をさせていただくことになり、工事が着々と工事が進んでおります。
(普段のお仕事の多くは木造住宅であります)



お客さまより、年末年始のお休みに荷物の移動などをされたい、とのご要望をいただいておりまして、間に合わすべく、職人さんに頑張っていただいております。



【スケルトンの状態です】
IMG_2681 (1)














屋根面から、天井を吊るすことができるように、アンカー屋さんが穴あけ中。



今度は、空いた穴に吊りボルトを仮で入れています。

IMG_2683 (2)















つづきまして、排気ダクトや、給排水の配管を通せるように、外壁面に穴を空けています。


【コア抜き屋さんが穴あけ中】
IMG_2705















給排水やその他配管工事は、タイミング合わず写真がございません。すみません。



【ウレタン吹付工事完了】※ピンク色のものが断熱材です。

IMG_2783















天井面と壁面にウレタン吹付断熱を施工しました。(暑さ寒さ対策です)
木造用とRC造のウレタン断熱材は性能が違うため、RC造用のウレタン断熱素材は、木造の1/3の厚さで同程度の性能が確保できるようです。

仕上がった表面を触ってみると、カッチカチです。
部分的に削りとるもは、とても大変だそう。
そこまでとは、知らなかった・・・。



使えるかな、と思っていたものが使えなかったり、RC造の構造上の制約があったりと、いろいろと大変なこともありますが、内装仕上げまでを年内完成目指して工事を進めております。



協力会社さんの段取りも難しいものがありますが、職人さんのお知恵と、お力添えをいただきながら、なんとか仕上げまで頑張ってまいります。



住宅建築材料も日進月歩で、小生も、日々勉強中であります。
なかなか、難しいことや、考えないといけないことも多いのですが、お客さまに喜んでいただけるよう努めてまいります。



 

0561-32-1691お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ