木の香りを感じる家作りをさせて頂いています。 リフォームについては、耐震補強、福祉介護に関する経験を生かして、快適な生活の空間をご提案させて頂いています。

愛知県みよし市明知町小石山45番地1

0561-32-1691

営業時間:8:00~18:00

ブログ記事みよしの社窓から

みよしの社窓から

【ブログ更新】数年前に建てた自宅。外壁材は板金にしておけばよかったかな・・・。

投稿日時:2018/04/06(金) 21:21rss

豊田市某所で進めておりました、外壁張替え工事も本日をもって無事に完了。

足掛け2か月間にわたる工事で、外壁工事にしては長丁場でありましたが、大きな問題もなく終わってなによりであります。


【元々のお住まい】*外壁は羽目板
外観

















外壁を黒色の板金に変え、破風板も黒に塗装しました。
黒色は重厚感も感じますし、全体的に締まった印象です。


色目は小生も随分と考えましたが、黒色で良かったなと。
白壁部分とのコントラストも、より際立つ印象であります。


【完成したお住まい】
IMG_9481

















IMG_9482















【完成した外観】
IMG_9478
















この工事で、向こう30年程度は、外壁の大きなメンテナンスは必要なくなると思います。
外壁板金の場合、経年劣化に極めて強いので、躯体のためにもとてもよろしいかと思います。
昨今の板金は、褪色もゆるやかです。



外壁が【トタン】と聞くと、なんだか、野暮ったい印象を持たれるかもしれませんが、昨今の板金は色や、形状などの意匠も垢抜けたものが多いです。


小生、何年か前に自宅を建てたのですが、先々のメンテナンス(建物の維持保全のことです)を考えた時に、外壁材は板金にしておけば良かったかな、と若干後悔。


もちろん、十分に満足してはおります。



建物を建てる以上、どうしてもついて回るのが、メンテナンスです。
外壁材が、例えば、サイディングの場合ですと、10年~15年程度で外壁塗装をやり直す必要があります。


また、サイディングを繋ぐ目地は【シリコンコーキング】で埋めていることが多く、これに至っては、早いお家だと、10年も持たずに劣化で剥がれてしまうこともあります。


既にサイディングの外壁で、お家を建ててしまった方。
下の写真のように、コーキングが切れたり、剥がれたりしていませんか?

本来見えてはいけない、青色の帯。(通称:ボンドブレーカーと言います)これが見えていると、かなり劣化が進んでいる証拠であります。


気になる方は、一度お家の廻りをぐるっと見回してみてください。


青色の帯が見えていたら、要注意であります。


IMG_9571






コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

0561-32-1691お電話

資料請求

お問合せ