木の香りを感じる家作りをさせて頂いています。 リフォームについては、耐震補強、福祉介護に関する経験を生かして、快適な生活の空間をご提案させて頂いています。

愛知県みよし市明知町小石山45番地1

0561-32-1691

営業時間:8:00~18:00

ブログ記事みよしの社窓から

みよしの社窓から

【ブログ更新】なぜ、工務店に外壁塗装工事を依頼するのか。

投稿日時:2019/09/02(月) 22:16rss


この数か月の小生、何かしらでお客さまより外壁塗装工事を承っております。


小生、今年の梅雨の長さには、少々困りました。
梅雨から、真夏にかけて、外壁塗装や板金工事期間の延長をお客さまにお願いすることが続きましたが、お客さまのご理解もありおかげさまで何とか無事に工事を終えることができました。




さて、外壁塗装や外壁板金工事(見積もりのご依頼)を多くさせて頂いておりますと、工事中、色々なことに巡り合います。




<外壁塗装時や見積もり依頼時によくあること>

・外壁塗装のため、足場を組んで屋根に上がったら、瓦が割れていたり、谷に穴があいていた
・しっくいがぼろぼろになって樋に落ちていた
・外壁サイディングなどが、そったり、膨らんだりしていた
・バルコニーの防水層や、その下地が傷んでいた
・軒裏のベニヤがめくれかかっていた
・思わぬところから、雨漏りが見つかった etc…




足場を組んで大屋根に上がったら、瓦が割れていました
IMG_9252
















屋根しっくいが落ちていましたので、左官屋さんが補修中
IMG_9266















ベランダの床防水シートが傷んでいましたので、塗膜防水を施工しました。

IMG_9665
















上記は、外壁塗装工事の際に良くあることです。
御見積もりの為の下見時に気が付くこともありますが、足場を組んで詳細を確認して、初めてわかることもあります。



たとえば上記の不具合を全て直そうと思うと、屋根屋さん、左官屋さん、板金屋さん、防水工事、そして大工さんと多くの職工さんとの関わりが必要なのであります。



何が申したいかと言いますと、例えば、外壁塗装の御見積もりのご依頼を頂いても、小生の勤務する工務店では、それだけを見ないということです。




外壁だけでなく、屋根、樋、防水、バルコニー、サッシ廻り、シロアリ被害など、建物外周部をぐるっと拝見させて頂きます。
よくよく建物を眺めてみると、外壁材に水が回って外壁サイディングが爆裂を起こしていたりすることもあります。




その場合、塗装工事はおススメ出来ず、ガルバニウム鋼板などの板金を張増す工事をご提案することもよくあります。




昨今は、新聞の広告などで、お家丸ごと塗装で〇〇万円!だとか、金額だけ見るとなかなか刺激的なものがありますが、手前どもにお願いいただくお客さまは、そのあたりは良くご存知で、気になるところ、全部見て教えてくださいね、などとおっしゃって頂けますので工務店に依頼するということをご理解いただているのだな、と、大変ありがたく感じます。





工務店に外壁塗装のお見積もりのご依頼を頂くと、建物の外壁塗装部分だけ見ることはありません。




美粧性だけでなく、少なくとも15年以上は外部で問題が出ないようなご提案を心がけます。
もちろん、一時的には費用が増えることもありますが、数年経って、また足場を組まないといけない・・・なんてことが無いよう、建物全体を調査しています。






建物の状態によっては、本来外壁塗装工事だけで済まないにも関わらず、無理やり塗装工事だけするようなことは建築屋としては不本意です。




建物全体の劣化状態を判断し、なるべく長持ちさせるのに必要な方法や劣化対策をご提案できるのが、建物全体のことがわかる工務店ならではだと思いますが、皆さまはどのように思われますでしょうか。




 


コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

0561-32-1691お電話

資料請求

お問合せ