木の香りを感じる家作りをさせて頂いています。 リフォームについては、耐震補強、福祉介護に関する経験を生かして、快適な生活の空間をご提案させて頂いています。

愛知県みよし市明知町小石山45番地1

0561-32-1691

営業時間:8:00~18:00

ブログ個人トップみよしの社窓から

みよしの社窓から 2017/6

工務店ではたらく40代になりたて男性社員ブログ

【ブログ更新】便器まわりが水浸しの場合。

投稿日時:2017/06/09(金) 17:57

お住まいの修理のご相談でお声掛けいただくことも多い小生。

雨漏りの時は、立て続けにそのご相談が。
トイレ内での水漏れ相談があるときには、同じ内容のお電話が重なります。


『工務店あるある』ですが、本当の話であります。
何かの巡り会わせでありましょうか。


で、ここ最近多いお問い合わせの一つが、シャワートイレからの漏水であります。


トイレ内の床がびちょびちょになって、便器が壊れてるのでは?といったお電話をいただくと、
まずは、シャワートイレ給水部分からの漏水を疑うのであります。
早いお家で7年程度、使用して10年を超えて来ますと、そのような漏水現象が多々起こります。


お客さまは、配管がおかしいのか、だとか、便器が割れているのかだとか、ご心配なわけでありますが、
お家に駆けつけて見てみますと、十中八九、シャワートイレの問題が多いのであります。
なので、シャワートイレ(他メーカーさまではウォシュレット)を使わなければ、床が濡れることはありません。


【シャワートイレ】
IMG_2331









対処法でありますが、取付後、おおよそ10年くらいは部品があり、修理できると思います。
ただ、10年を超えて参りますと、メーカーさまも部品供給が出来なくなり、結果として設備の取り換えが必要となってきます。

取り替えると申しましても、便座のシート部分のみでありますから、便器まるごと取り替えが必要な分けではありません。


トイレ床下の継続的な水濡れがありましたら、まずは、シャワートイレ等のホースの付け根を触ってみてください。そこが濡れていたら、原因はシャワートイレということになります。

いずれにしましても、早期発見が吉であります。



0561-32-1691お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ