スタッフブログ

最新のブログ更新情報RSS

>> ブログの一覧へ

次へ>>

【ブログ更新】また、みよし市内で貸しガレージつくりました。 [みよしの社窓から

投稿日時:2017/07/27(木) 18:59

厳しい暑さが堪える気持ちは二十歳、体は初老の小生。
長時間、パソコンを使った後は、肩がカチンコチンになります。誰も肩を揉んでくれませんので、せっせと自分で揉んでおります。

さて、ぼやきはさておき、小生が勤務する工務店では、近隣の皆さま方のご要望にお応えして、シャッター付き貸しガレージを7棟増床いたしました!


【ガレージ外観】
IMG_2865














8月1日付けで賃貸開始をするこの物件。
早速、2区画のご予約をいただいております。
誠にありがとうございます。


【内部です】換気扇、照明器具、コンセントも完備。

IMG_2875















小規模ゆえ大々的な告知もできません。
シャッター付きのガレージをお探しの方は、下記のリンクアドレスから、小生の勤務する工務店にジャンプいたしますので、よろしければご覧ください。(賃料等々、詳しいことがご覧いただけます。)


みよし市の工務店 原田建築(TOPページのみよし市三好町塩田ガレージからご覧ください)
   ↓↓↓
http://www.kikaoru.com/


ご興味がおありでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ、お待ちしております。



c?ro=1&act=rss&output=no&id=3453225&name=kiasobi&pid=52418997

コメント(0)>> 続きを読む

【ブログ更新】便器まわりが水浸しの場合。 [みよしの社窓から

投稿日時:2017/06/09(金) 17:57

お住まいの修理のご相談でお声掛けいただくことも多い小生。

雨漏りの時は、立て続けにそのご相談が。
トイレ内での水漏れ相談があるときには、同じ内容のお電話が重なります。


『工務店あるある』ですが、本当の話であります。
何かの巡り会わせでありましょうか。


で、ここ最近多いお問い合わせの一つが、シャワートイレからの漏水であります。


トイレ内の床がびちょびちょになって、便器が壊れてるのでは?といったお電話をいただくと、
まずは、シャワートイレ給水部分からの漏水を疑うのであります。
早いお家で7年程度、使用して10年を超えて来ますと、そのような漏水現象が多々起こります。


お客さまは、配管がおかしいのか、だとか、便器が割れているのかだとか、ご心配なわけでありますが、
お家に駆けつけて見てみますと、十中八九、シャワートイレの問題が多いのであります。
なので、シャワートイレ(他メーカーさまではウォシュレット)を使わなければ、床が濡れることはありません。


【シャワートイレ】
IMG_2331









対処法でありますが、取付後、おおよそ10年くらいは部品があり、修理できると思います。
ただ、10年を超えて参りますと、メーカーさまも部品供給が出来なくなり、結果として設備の取り換えが必要となってきます。

取り替えると申しましても、便座のシート部分のみでありますから、便器まるごと取り替えが必要な分けではありません。


トイレ床下の継続的な水濡れがありましたら、まずは、シャワートイレ等のホースの付け根を触ってみてください。そこが濡れていたら、原因はシャワートイレということになります。

いずれにしましても、早期発見が吉であります。



c?ro=1&act=rss&output=no&id=3453225&name=kiasobi&pid=52416547

コメント(0)>> 続きを読む

【ブログ更新】枡にはご用心 [みよしの社窓から

投稿日時:2017/04/01(土) 18:56

気が付けば春、進学や転勤等で人の動きが活発になる時期を迎えております。
工務店に勤務する小生、いろんなことで忙しないわけでありますが、心だけは穏やかにしておきたいものです。



さて、小さな工務店におりますと、メンテナンスのお問い合わせが多くあります。
ここ最近でも、トイレの水が流れないとか、玄関の鍵が閉まらないとか、屋根が雨漏りしているようだから見て欲しいだとか、本当に多いのであります。



まあ、それだけ大勢のお客さまにお世話になっている証でしょうか。

で、先日もお手洗いの調子が悪いとご一報頂いたお客さまより、直ぐ来てほしいとご一報が・・・。
参りますと、やはりお手洗いの水の流れが悪い・・・。



外に参りまして、汚水枡を確認しますと汚水が枡の蓋からあふれてる!
お客さまもびっくりの状況でありました。




写真でありますが、汚水ですから自主規制。(一部画像を加工しております)
汚水桝の蓋を開けるのも、最初は躊躇したのですが、今ではすっかり慣れました。
慣れって怖い・・・。

IMG_1241








よくよく観察しますと、汚水枡の水も流れておらず、配管のどこかで詰まっていることがほぼ確定、小生、もうこれは手に負えないと判断。
多少費用がかかることをお客さまにご了解いただき、いつものつまり抜き屋さんを手配。
なかなか忙しいようで、一日お待たせしましたが翌日には詰まり抜きをして頂き、無事に排水経路も復旧致しました。



で、問題だったのがその原因であります。
汚水が浄化槽に流れる途中の配管経路上にある【枡】を車で踏み割っていたようで、土やら、蓋やらで配管経路を塞いでいたとのこと。芝生の下に枡があったようで、枡がつぶれていたのを気づかなかったそうであります。



何が原因になるかわからないものです。



皆さまもプラスチック枡、気軽に踏んでいるようでしたら、上に鉄板をあてるなどして養生して頂けるとよろしいかと思います。



小さな枡でもご用心。排水設備の一部でありますから、大切に扱ってくださると幸いです。


c?ro=1&act=rss&output=no&id=3453225&name=kiasobi&pid=52412562

>> 続きを読む

【ブログ更新】仕事納めであります。 [みよしの社窓から

投稿日時:2016/12/26(月) 15:28

みよし市の工務店に勤務する小生、本日が仕事納めであります。

おかげさまで、今年も大勢の方との出会いがある一年となりました。
イベントにおいで頂いたことがきっかけで工事をさせていただい方、人づてに社名をお聞きになり電話帳で調べてお問い合わせいただいた方、昨年末のクラス会がきっかけでご連絡をいただいたり(宣伝したつもりはゼロです)と、何がご縁となるかわからないものです。


皆さまには本当に大変お世話になりました。
また、小生の周りの方々も大きなケガや病気なく一年を過ごせたようでほっと一安心。
やはり、健康第一、安全第一であります。


さて、個人的には後厄の小生、お預かりしている物件の草刈り中に蜂にさされる程度で済んで、おかげさまでいまのところ無事に過ごさせていただいて、何より何より。



小さな工務店に勤務しておりますと、日々色々なことに遭遇します。
今年も、雨が漏った!トイレが流れない!トイレの床がびちょびちょ!戸が開かない!家売りたい、相談のって!家リフォームしたい!等、急を要して困ったり、誰に相談したらよいかわからないと、悩んだりしながらお電話をいただくことが多くありました。



このようなさまざまな事柄に対し、親身になってなるべく早く対応、解決して差し上げよう、そう思っておろそかにせず対応してきたつもりです。


何分、小さな工務店であります。
本当に親身でスピード感を持って対応できたかどうかは、お客さまが判断することなので、そうお感じいただけなかった方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご容赦ください。



今年一年は働き方を見直すきっかけの年だな、というのが小生の年末雑感。
来年は小生、もうひと踏ん張りしようと決意しております。
時間の大切さを噛み締め、仕事でもプライベートでも実り大きい一年にすべく、年末年始、リフレッシュしてまいります。


皆さま、どうぞ良い年をお迎えください。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=3453225&name=kiasobi&pid=52407454

>> 続きを読む

【ブログ更新】他の工務店で建てた家でも修理してもらえますか? [みよしの社窓から

投稿日時:2016/11/14(月) 20:45

先日、雨漏りを直してほしいとお電話があり、工事をさせて頂いたお客さまがいらっしゃいました。
元々、小生が勤務する工務店でお家を建てた方ではなく、別の工務店でお家を建てたそうです。



小生、初めてお伺いした際、お尋ねしました。
どうして、ウチにお電話いただいたのですかと。

お話をお伺いしてみると、およそ以下の経過がありました。


?元々お家を建てた地元の工務店さんにお電話した。

→最初は、そのうち行きます・・・と。
その後、待てど暮らせど来ないので催促のお電話をされたところ、
忙しいのでと、なかなか来てもらえず。しびれを切らして諦めたそうです。



?屋根が落ちないようにシリコンコーキング止めした会社に電話。
→電話はつながりましたが、全く、違う会社になっていた。



で、当社のことを人伝手に聞いて、電話帳で電話番号をお調べになり、お電話をくださったのです。


ありがたいことです。



それよりも、雨漏りと聞いて、一度の工事で治るかが心配でありました。
結果としては、一回の工事で雨漏りが止まったのでありますが。



で、原因はこちら 『谷』銅板のわずかな亀裂。(ボールペンのペン先部分です)

DSC_5311












真ん中の細い筋が通称『谷』と呼ばれる屋根部分です。
DSC_5301











雨漏り修理としては、この谷部分を取り替えて完了です。



他の工務店、ハウスメーカーが建てたお家を修理、リフォームすることは数多くありますから、なんのお気遣いも不要です。


今回の工事、雨漏りが無事治って何よりですが、地元の工務店として、お役に立てるサービスの在り方を考えさせられる良い機会となりました。



ちなみに小生が勤務する工務店、緊急性の高い不具合だと判断した場合、原則、一両日中にお伺いしておりますのでご安心ください。


お客さまが、『ほっとした』とおっしゃってくださったのが何よりでありました。





c?ro=1&act=rss&output=no&id=3453225&name=kiasobi&pid=52405272

>> 続きを読む

次へ>>

BLOG MENU

CATEGORY

  • 住宅業界ニュース